転職活動時の自己分析のコツ

どんなことをしたいかが中心なのが、就職活動をする際の自己分析ですが、何ができるかが転職活動の自己分析にとっては大切です。これまでの経験を見直し、身につけたスキルや積み重ねてきた実績を整理してみるのが、転職活動において重要です。今まで自分がしてきたことを、フラットな視点から見直してみましょう。無闇に先入観を持たないことが、自己分析をする時のコツです。新しい情報は、自分はこういう人間だという精神状態で自己分析をしていては得ることは不可能です。きちんと自分自身と向き合ってみるためにも、一度自分をリセットしましょう。否定的なそんなことは強みにはならないといった感覚で、自分の言葉を否定しないことをおすすめします。転職活動時の相手が最終的な評価を下すのであり、自分ではないのです。転職時の自己分析ではキャリアプランや将来像を求められることがあります。将来へのビジョンは無理矢理描くようなものではありません。自然に見える人は見えるでしょうが、背伸びしてまで強引に見るものではないのが将来像です。強引に転職に際して自分の将来を型にはめてしまうと、無理に決めた以外の道が見えなくなってしまうこともあるでしょう。自己分析を転職のときする場合に大事なことは、自分の中に存在している可能性を大切にすることだといえるでしょう。

転職活動のための自己分析の準備

ペンを持って紙に向き合ったからといってすぐに本文がスラスラと書けるものではないのが、転職活動のための自己分析というものです。自己分析をする時には、自分の考えやこれまでのキャリアを改めて整理する必要があります。まずはこれまでの会社でどのように働いてきたか、振り返ってみましょう。何年目にどんな仕事をして、どんな経験をして、何を学んできたのでしょうか。紙に具体的に書き出していくことで思い出せるのが、忘れていたと思っていたことなのです。自己分析の目的は、現在の自分がどのような過程でできているかを知ることでもあります。過去の経験を一通り書いたらリストにしていくと良いのが、今の自分がやれることは何か転職後もやりたくないと感じていることは何かということです。自分のモチベーションがどんな時に上がったか、学生時代までさかのぼっても、やりたいこと、やりたくないことを知るには良いのではないでしょうか。自己分析のため思い出してみると良いのが、これまでに褒められたところ、高く評価されたところは何かということです。多くの日本人は自分の強みを語るのが苦手なようですが、転職活動で必要不可欠なものが、自己アピールというものです。躊躇せずにどんな些細なことでも書いてみましょう。書いた上で思い描いてみると良いのが、転職によって未来の自分がどんな状態だといいと感じているかということです。転職活動のための自己分析は、将来の自分のために身につけたいこと、必要なことを考えていくことで答えが出るでしょう。

Copyright © 2013 転職活動のための自己分析
inserted by FC2 system